2020年05月25日

パーティーションのDIY


コロナウイルスによる緊急事態宣言もようやく解除されましたが、しばらくの間は気を遣う必要があるかと考えています。

テーブル席に座る人同士は家族であったり、仕事の同僚であったりがほとんどで、すでに多くの時間を同じ空間で過ごしているでしょうからそこまで気を遣う必要はないとは思いますが、
うちのお店はカウンター席と二人掛けテーブル席の距離が近いのでパーティーションを自作しました。

1.jpg
柱を境に右側がカウンター席、左側が二人掛けテーブル席。

2.jpg
ちはら台のスーパービバホームで木材を購入して来まして...。

電動トリマーで6mm幅の溝を掘り、コーナーの面取り加工をしました。

4.jpg
水性ステインを二度塗り。

5.jpg
5mmのアクリル板とガラス用フィルム(シート)をネットで購入しました。

6.jpg
ガラス用フィルムは霧吹きを使いアクリル板に張り付けてから、はみ出たガラス用フィルムをカッターで切ります。

7.jpg
一番大変だったのが柱の筋交いの部分。
自由金で角度を取りアクリル板をアクリル板用カッターで切りました。

8.jpg
ここは取付にも無い脳みそをひねりました。

9.jpg
二人掛けテーブル席側。

10.jpg
カウンター席側。

キャプチャ.JPG
こちらは施工前の写真。

ステンドグラス風のガラス用フィルムも店内になじんでいてまあまあの出来かと思います。
今しばらくは席数を減らした状態で営業し、徐々に元の席数に戻していく予定です。


今日の記事は以上です。

posted by ウーロン at 22:13| Comment(0) | 記事

2020年05月19日

寸胴鍋の蓋を加工


今日はお店で使う寸胴鍋の蓋の記事です。

先週木曜日からお店を再開しましたが、まだまだ暇ですので、スープの作る量を減らすべく小ぶりの36cmアルミ寸胴鍋を新調しました。

1.jpg
36cmアルミ寸胴鍋、ネットで安く購入できました。

2.jpg
届いたその日に新鮮なうちにさばきます。笑

まず取手を固定しているリベットの頭をディスクグラインダーで削り、取手を外します。

3.jpg
ジグソーで鍋蓋をカット。

4.jpg
切断面のバリを取り、ステンレスの丁番をリベット止め。

5.jpg
端材の桧木をちょこっと加工し面取り。

6.jpg
鍋蓋に桧木の取手を取り付けて完成。

7.jpg
桧木の取手は蓋が空き過ぎないようにストッパーの役目も兼ねています。
また、蓋を開けた際に蓋が動かないように寸胴鍋と蓋を大型クリップで止めています。

8.jpg
きれいに洗って厨房へ。

9.jpg
スープをすくう際にレードルが蓋に当たらなよう開口を20cm確保し作りました。

10.jpg
右側は今まで使っていた45cm寸胴鍋の蓋、この蓋は中央で切断し作ってあります。
左側の今回加工した36cm寸胴鍋の蓋は中央よりずらして切断し、スープをすくい易いように開口部を確保してあります。

寸胴鍋の蓋を加工する人は少数だと思いますが参考になれば幸いです。


今日の記事は以上です。

posted by ウーロン at 00:00| Comment(0) | 記事