2020年07月22日

自分と向き合う。


最近はDIYの記事ばかりでしたので、少し意識的な話を書いてみようと思います。

先日ふっとした瞬間に、何だか軽くなったな〜と感じた瞬間があり地球の変化を少しばかり感じ取れて嬉しくなりました。

昔はこう言う感覚に自分は鈍感な方だと思っていましたが、ある時の出来事で意外に自分もこう言う感覚を捉える事が出来る人なんだと気づけました。それについてはまた今度気が向いた時にでも記事にしてみようと思います。


では、自分と向き合うことについてです。


思考や感情は日常生活を送っていく上で必要不可欠なものです。
むしろそれを体験(経験)する為に地球で生活していると言っても過言じゃないと思います。

自分たちの本質は離れる事のできない常にあるこの意識ですが、思考や感情を自分自身だと思い込むことで日常生活を体験しているに過ぎません。

もしいつも出てきてしまう思考の癖や、感情があるならそれを手放したら良い。と聞くこともあるかと思いますが、これが簡単にできないのが人間です。(自分もその一人です。

でも、もしその思考の癖や感情に気づいているのなら、その思考の癖や感情を持っている事自体を許してあげて下さい。

その許しをしている時、あなたは普段自分自身だと思い込んでいるその思考の癖や感情と同化していません。

その思考の癖や感情が何度も起きてくるなら、はやく許されるのを待っているはずです。
その思考の癖や感情に「ありがとう」と伝えてあげて下さい。


と、今日は日常自分が実践している事柄を書いてみました。


今日の記事は以上です。


posted by ウーロン at 00:00| Comment(2) | 記事

2020年07月14日

ホームページ更新作業


今日はホームページの更新作業の記事です。

最近はホームページの更新をしていなかった為、色々と古いままになっていました。

例えば、現在主流になっている文字コードのUTF-8ですが、shift-jisのままであったり、
SSL認証がまだだった為、ホームページのURLがhttp://www.〜〜のままであったり、
ホームページの基本的な言語のhtml自体がhtml4のままだったりしました。

それでここ最近ホームページの更新作業をしていました。


ご存じの方も多いかと思いますが....。↓

キャプチャ.JPG
ブラウザのURLの欄の鍵マーク。(chromeの場合)

これがSSL認証されている事を示していて、これをクリックすると下記のように表示されます。



1.jpg
SSL認証されています。



キャプチャ3.JPG

SSL認証されていないと、鍵マークは表示されずこれをクリックすると下記のように表示されます。


2.jpg

そのページを見ているだけなら何も問題はないのですが、そのページで打ち込んだ内容が暗号化されていない為に悪意のある第三者に見られる可能性がある。と言うものです。


以前までは買い物カートのカード情報などを書き込むページのみSSL認証されていたものが、現在ではホームページ全体を常時SSL化する事が標準となってきていて、うちのホームページもその更新作業をしました。


それに伴い、URLが http://wulong.jp から https://wulong.jpに変わりました。

それからリダイレクト(http://wulong.jp にアクセスがあったら https://wulong.jpにアクセスさせる)できるように.htaccessファイルを書き換えてSSL認証の作業は終了しました。


ただ、うちのホームページはレンタルサーバー大手のさくらサーバーを借りているのですが、そこの提供しているこのブログシステム自体がなぜだかまだSSL未対応のままになっています。



続いて...

キャプチャ6.JPG
ホームページの言語htmlは画面上で右クリックして『ページのソースを表示』を選択すると下記のようにhtmlを見る事ができますが。


キャプチャ5.JPG
このhtmlも現在主流のhtml5にトップページは書き換えました。


cssやhtml5のタグの使い方等ネットで調べながらの書き換え作業はけっこう大変でした。苦笑
トップページ以外も少しずつhtml5に書き換えて行く予定です。


ついでにダメもとでGoogleアドセンスの申請をしてみたら通ってしまい、広告も表示させるようになりました。笑


今回の記事は以上です。

posted by ウーロン at 17:41| Comment(0) | 記事

2020年07月03日

太陽光発電と電気工事


久しぶりの投稿です。

今日は太陽光発電の抑制についての記事と、太陽光自立運転配線作業の記事です。


まず、太陽光発電の抑制についてです。

5月頃から太陽光発電が抑制状態となり発電していても売電出来ていない状態がしばしば見られるようになりました。

1.jpg
太陽光のパワコン、5kW発電していても抑制ランプが点灯し売電できていない状態。


2.jpg
テスターで電圧を計ってみると109v前後と高い状態でした。

東電に連絡して一週間電圧の測定をしてもらい柱上トランスの電圧を下げてもらえる事になりました。その後は抑制状態にならなくなり売電も問題ありません。




それから次は停電時に使える太陽光自立運転の配線です。


昨年9月の台風で大規模な停電がありましたので、停電時に太陽光の電源をフルに使えるように配線作業をしました。

3.jpg
ケーブル通しで分電盤の裏までVVFケーブルを通します。


5.jpg
ユニットバスの点検口から分電盤の裏側が確認でき作業も比較的簡単でした。


6.jpg
太陽光自立運転用のケーブルをパワコン⇔ユニットバス天井裏の分電盤の裏手まで一旦通しました。


12.jpg
ユニットバスの天井裏からエアコン配管用として使う65mmのホールソーで壁を抜き、屋外まで配線します。


13.jpg
外側のサイディングにはケーブルの引き込み、点検用にアウトレットボックスを取り付け。
エアコンの配管65mm穴用スリーブを通して、防水テープで透湿防水シートとスリーブの処理をしました。
ケーブルはサイディングの内側を通しウォルボックス内に出しました。
最後にエアコンパテをアウトレットボックスの穴からつめておきます。

アウトレットボックス、ウォルボックス共に変成シリコンでコーキングしました。


14.jpg
65mmで壁に穴をあけるのは後々追加で屋外に配線する際に何個も小さな穴をあけるよりも効率的だと思うのです。エアコンパテで埋めておけば屋外への追加配線作業が簡単ですし、追加で配線するケーブルが太い場合はスリムダクトを使う手もあります。


7.jpg
ユニットバス上部の分電盤。
作業がしやすいので個人的には分電盤はユニットバス上部がおすすめだと思います。
壁に穴をあけて屋外に配線するのもやりやすいですし...。
今回 溶接機用30Aブレーカーも増設。


8.jpg
太陽光パワコンの真下の壁に自立運転コンセントを新設。
停電時はこのコンセントからスマホ等に充電できます。


9.jpg
ユニットバス裏手にあった既存のアウトレットボックスを一旦取り外しまして...。


10.jpg
新たに少し大きめのウォルボックを取り付けました。


11.jpg
一番右が商用電力と太陽光自立運転の切り替えスイッチ、停電時に屋外倉庫内にある業務用フリーザーを太陽光の自立運転で動かします。業務用フリーザーは開けなければ わりと長い時間温度が保たれるので、日中の発電中にフルに凍らせます。

その隣が太陽光自立運転コンセント。災害時、水道、ガスはOKで停電だけならこのコンセントに給湯機のコンセントを差込み日中発電中にお風呂に入れます。

以下は太陽光以外の商用電力の配線ですが、真ん中の黒い丸は動力(三相200V)のコンセント。

その隣が100Vインバーター直流溶接機用コンセント、配線はVVF2.6で30A仕様でしました。
今のところ20Aのコンセントで使えるように一次側に20Aのブレーカーを取り付け。

一番左がグリーストラップ内の水中ポンプスイッチ(漏電ブレーカー)。

電気の配線作業、完了しました。(DIYで行う配線作業も電気工事士の資格が必要です。)



今回の記事は以上です。

posted by ウーロン at 22:25| Comment(0) | 記事