2020年05月19日

寸胴鍋の蓋を加工


今日はお店で使う寸胴鍋の蓋の記事です。

先週木曜日からお店を再開しましたが、まだまだ暇ですので、スープの作る量を減らすべく小ぶりの36cmアルミ寸胴鍋を新調しました。

1.jpg
36cmアルミ寸胴鍋、ネットで安く購入できました。

2.jpg
届いたその日に新鮮なうちにさばきます。笑

まず取手を固定しているリベットの頭をディスクグラインダーで削り、取手を外します。

3.jpg
ジグソーで鍋蓋をカット。

4.jpg
切断面のバリを取り、ステンレスの丁番をリベット止め。

5.jpg
端材の桧木をちょこっと加工し面取り。

6.jpg
鍋蓋に桧木の取手を取り付けて完成。

7.jpg
桧木の取手は蓋が空き過ぎないようにストッパーの役目も兼ねています。
また、蓋を開けた際に蓋が動かないように寸胴鍋と蓋を大型クリップで止めています。

8.jpg
きれいに洗って厨房へ。

9.jpg
スープをすくう際にレードルが蓋に当たらなよう開口を20cm確保し作りました。

10.jpg
右側は今まで使っていた45cm寸胴鍋の蓋、この蓋は中央で切断し作ってあります。
左側の今回加工した36cm寸胴鍋の蓋は中央よりずらして切断し、スープをすくい易いように開口部を確保してあります。

寸胴鍋の蓋を加工する人は少数だと思いますが参考になれば幸いです。


今日の記事は以上です。

posted by ウーロン at 00:00| Comment(0) | 記事

2020年04月18日

手作りマスク


久しぶりのブログ記事です。

緊急事態宣言で、お店は営業自粛中ですので色々雑務をしています。

現在なかなか手に入らないマスクも自作してみました。

 (1).jpg
大人用立体マスク型紙.pdfをネットからダウンロードし印刷して、生地を切りやすいようにプラスチックの型を作りました。

また手作りマスクはこちらのHPを参考にさせて頂きました。

 (2).jpg
プラスチック型に沿ってローラーカッターで生地を切り抜きます。

 (3).jpg
左右対称2枚ずつ切り抜きます。
(この生地は表裏の色が違うのでマスク自体も表裏色違いで作りました。)

 (4).jpg
マスクの中央になる部分を縫い代10mmで縫います。
男子も裁縫は小学校の家庭科で習いましたから出来るはず...。

 (5).jpg
手づくりマスクを何枚も作ったおかげか縫い目も比較的綺麗になったような〜。

 (6).jpg
中央が縫えたら糸まで切らないように1cm間隔で切れ目を入れアイロンを当て縫い代を折り返します。

 (7).jpg
マスクの表面、裏面とも同様に。

 (8).jpg
マスクの表面、裏面を縫い合わせていきます。
中央の縫い目をそろえてまち針を刺して表裏がずれない様に縫い代7mmをキープしながら周りを縫います。

 (9).jpg
脇になる片側約3cmは縫わずに開けておきます。(糸切ばさみをさしてある部分)

 (10).jpg
その縫わずに開けておいた所から生地をひっくり返します。

 (11).jpg
アイロンをかけて形を整えます。
紐を通す輪の部分も1.8mmほど折り返しアイロンをかけて縫い易くします。

 (12).jpg
綺麗に左右対称に縫えました。

 (13).jpg
マスクに紐通しで紐を通し、自分に合った長さで紐を結わえて、紐の先端がばらけないようにライターで軽く紐の先端をあぶりました。(化繊の紐のみ、木綿の紐はただ燃えるだけなのでけっしてあぶらないように!)

※ 紐の先端を炙る時はキッチンのシンクなど、すぐ火が消せる場所で行いましょう。また紐を炙ったら、あぶった所を指でつまんで形を整える必要があるので指の皮が薄い人は熱いのでやめておきましょう。

 (14).jpg
手づくりマスク完成です。所要時間2時間。笑

 (15).jpg
今回は素敵なモデルさんに手作りマスクを着けてもらいました。笑

 (16).jpg
手作りマスクの生地はガーゼ生地ではなく普通の木綿(手ぬぐいがお勧めです)ですが、それ程息苦しさは感じません。紐の着け心地も良く、このマスクは忍者みたいに見えます。笑

 (17).jpg
家族そろってみんなでマスク作り、左側2種類は自分作、右上は娘作、右下は家内作です。
各々自分の好きな形、好きな大きさで作っているので形はみんなバラバラです。

今日の記事は以上です。

不定期になりますがブログ書いていきます。


posted by ウーロン at 16:38| Comment(0) | 記事

2020年03月24日

地球の変容


今週は、(新刊)葦原瑞穂著『黎明』地球の変容の章 より抜粋

黎明の転換期に現象として困難が一番大きかったのは、意識が未発達だったため、不調和で利己的な表現を止めなかった人達や、それまでに地球人類が造り上げてきた固定観念に深く囚われていた人達、それに想念が重く、自分と世界との分離感を手放すことができなかったために、ヴァイブレーションの変化に付いていけなかった人達でした。当時の混乱期の下では、現象世界で人間がしがみついたものは何であれ、なんの力もなくなる事態が生じましたから、愛の原理に適合しないあらゆる価値観が、自然の法則の前に崩れ去って往きました。それまで多くの人達が安定の基盤にしていた学歴や社会地位などの権威が何の役にも立たないということが、誰にでも判るような現象として顕れてきましたし、お金もまたその力を失って逝ったわけです。


コロナウイルスの影響で株価も乱高下していますが、今まで日銀がETFを買って株価を上げる取り組みをしてきました。これって不自然で持続不可能な事だと思うんですよね。いつか終わる時がくる。世界の富も数パーセントの人々がにぎる不調和。


地球の周波数が上がるにつれて調和のとれていないものがどんどん崩れていく。もうそう言う時を向かえているような気がしています。


準備が出来ている人たちは、外界で起きていることに目を向けるのではなく、自分の内側へ意識を向けたり、思考の沈黙した「今、この瞬間」に留まる努力をしたりしてると思います。

自分もしっかり取り組まなければ....。


※ あと、しばらくブログの更新をやめようと思います。外側からの情報より自分の内側から得る気づきの方が重要ですので...。

このブログを読んでいた時間を、思考の沈黙する時間として有効に使って頂けると幸いです。


では、記事は以上です。

posted by ウーロン at 00:00| Comment(0) | 記事

2020年03月17日

ヨガスクールRYT200修了


今週はヨガの記事です。

約半年間通ったヨガスクールRYT200時間、先週の水曜日で修了致しました。

毎週都内まで早起きして通うのはしんどかったですが、同期のみんなとも仲良くなれたし現代ヨガについて学べて貴重な体験ができたと思っています。

アウトプットする事は今の所考えていませんが、同期のみんなからは「ヨガ哲学を教えたら絶対いいよ。』と言われ、そういうのも面白いかもな〜と思っています。


1.jpg
最終日のヨガ哲学の時間、発表中。


2.jpg
シークエンスを考え、発表中。


3.jpg
発表中、その2。


4.jpg
指導練習中。


5.jpg
4月からヨガスタジオを始める仲間へのPR写真。


6.jpg
ヨガワークスの修了証は本部のアメリカから届く為、手元に届くまで3ヶ月位掛かります。
なのでYuu先生が自前で仮の修了証をプレゼントしてくれました。


7.jpg
最終日の記念撮影。

とても良い思い出が出来ました、Yuu先生、みんなに感謝〜。


今週の記事は以上です。


posted by ウーロン at 00:00| Comment(0) | 記事

2020年03月10日

コロナウイルス


一応、今週がヨガスクールの最終試験ですので大したことは書けませんが、話題のコロナウイルスに対する、在り方についてです。


書籍『黎明』上巻、地球の変容の章、

ところでここで言う浄化の前の準備期間とは・・・地球の大いなる変動期に光の柱となる人達を配慮しており、これらの人達が外界にどんな混乱があったとしても、不動の心の状態を維持できるように成長する期間として・・・残されたものです。

地球の浄化が進むに伴って、潜在していた不調和なエネルギーが現象化され、世の中が混乱してきますと、それまでに充分な意識状態に到達していない人は、現象に囚われて心を乱されますから、自らの本源に集中することはもとより、霊的な知識を得るために落ち着いて本を読むことさえ難しくなってきます。


コロナウイルスで世間がゆれている時でも、思考が沈黙した自分の中心軸にとどまることが重要だと言う事です。


短いですが今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 01:00| Comment(0) | 記事

2020年03月03日

先週に続き...


先週に引続き、来週までブログの更新はお休みします。

ヨガスクールは先週の筆記試験に続き、最終日までに提出しなければならない持ち帰り試験、そして最終日の実技指導試験と試験三昧。なのでちょっと忙しいのです....。
posted by ウーロン at 00:00| Comment(0) | 記事

2020年02月25日

テスト勉強


ヨガスクールも残り3回となり、今週は筆記テストがある為、テスト勉強するのでブログはお休みします。学生か?(笑)
posted by ウーロン at 00:00| Comment(0) | 記事

2020年02月18日

今週も『悟りを生きる』


今週もスコット・キロビー著『悟りを生きる』のつづきです。

思考を重視するとは、それを分析しよう、増やそう、取り除こう、変えようなどとすることです。例えば「私は悪い人間だ」とう思考が立ち現れると、あなたは自分が悪い人間である理由を数え切れないほど持ち出してくることでしょう。そうすることで、悪い人間だという物語は長く続くように見えるのです。でも実際に起きているのは、様々な短命の思考が次から次へと現れているだけです。現れた思考の存在が全面的に許された時、それは跡形もなく消え去ってしまいます。そうして、思考は本質的に短命なものだという理解が生まれます。思考が消えたら、ほんの少しのあいだ思考のない気づき(意識)として休息してください。その気づき(意識)が本当のあなたです。

本文から抜粋させてもらいましたが.....、↑

普段いつも思考が働いているので気づけていないだけで、本当の自分は思考が沈黙した時に垣間見えるこの意識(気づき)なんだと言う事です。

この本当の自分(意識)をしっかり感じ取る為に、思考が沈黙した時間を少しでも多くとる事が重要になってきます。

そうすることである時、こっちの意識(本当の自分)が実感を伴い認識され、最初の目覚めが訪れます。 自分は瞑想に凝っていた時にこれを体験しました。

自分はここで数年足踏みをしていて、ようやく昨年後半から本腰を上げて次のステップに取り組むようになったのでした。

今後も1日を通してなるべく長い時間思考の沈黙した状態で過ごすこと。これです。( 日常生活中に瞑想を取り入れた感じですね。)


並木良和さんの動画で勧めている統合の方法より自分はこちらの方が向いているので、色々試して自分にあった方法で解脱に至ればそれでOKなのですから...。

もちろんヨガでもよいですし、ヨガクラスで「自分の内側に意識を向ける」とたまに耳にします。自分の体を内側から観察する時、思考が完全に沈黙している感覚をつかみ、その観察している意識の方が本当の自分だと気づけることもあるでしょう。
でもヨガクラス中だけでは不十分なので日常においても自分の内側に意識を向ける必要はあると思います。


この時期、自分だけでなくかなりの人が目覚める為に真剣になっているのではないかと感じているのです。


今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 00:00| Comment(0) | 記事

2020年02月11日

『悟りを生きる』つづきのつづき


今週もスコット・キロビー著『悟りを生きる』のつづきです。

この本の11章からは、解脱(一瞥体験)後の気づき(意識)の捉え方について書かれています。

解脱(一瞥体験)後は、気づき(普遍意識)以外のものは存在していないと見抜いているのでその後の在り方が今後参考になると感じました。


この章の冒頭にある、

もしあなたは自分が振り子運動に陥っていて、しかもそれが強烈なものだったり頻繁に起きていると感じているなら、いまはこの章を読まない方がよいでしょう。それよりも、「大切なこと」やこれまでの章で説明したことに専念してください。なにも独立して存在していないことを本当にわかるようになるまで、この章はとっておきましょう。準備ができていない時にこの章を読んでも、わけが分からない、役に立たないなどと思うだけでしょう。

と記されていて、

まだ振り子運動(思考のない気づきの休息と、エゴの状態とを行き来している状態)している自分には、解脱した状態が気づき(普遍意識)そのもので、それ以外に存在していないと言う事は頭(思考)では理解でているつもりでも、実際に11章を読むと理解に苦しむ箇所があり、頭(思考)ではなく実感としてまだ感じ取れていないので、多くの時間を思考のない気づきの中で休息するよに努めていきます。


思考のない気づきの中で休息する事 = 今この瞬間に留まる事 = 内観状態 = 自分の中心軸に留まる事 = 思考が沈黙した状態

表現は色々ありますが同じ事です。


それでも、この本を読んでいて自分も着々と目覚める(解脱)方向に歩んでいるな〜。と実感しています。

以前取り上げた書籍『今この瞬間への旅』や、『私と言う夢から覚めてわたしを生きる』、そしてこの本『悟りを生きる』、自分の意識レベルに応じてちゃんと必要な本を手にしている状況。
この世の中に偶然は存在ぜず全ては必然ですから...。


並木良和さんの話だと今年あたりから、目覚める人が急速に増えてくると聞いています。
多くの人がこの意識状態を保ったまま日常を送るようになったらそれは素晴らしいに違いありません。

輪廻転生からの解脱、地球での人生あがりです。


今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 00:00| Comment(0) | 記事

2020年02月04日

『悟りを生きる』のつづき


先週の続きで、スコット・キロビー著『悟りを生きる』読み終わりました。

「特に大切な事」の三つ目、

 ・現れているものは別々に存在していないことを見抜く


本の後半はこれについて色々説明されていました。読んでみて文章での説明にはやはり限界があると感じ、正直いまいち理解できない箇所がありました。


こう言う時は、解釈を一旦保留にして脇に置いておきます。


IMG_20200203_221846.jpg


『悟りを生きる』の裏表紙カバーにも書かれている文。

一日を通してできるだけ頻繁に思考のない気づきの中で休息するということを、毎日繰り返すことです。初めはほんの少しの時間で構いません。一回につき3秒〜5秒ほどです。でもそれを繰り返して下さい。(中略)何回でも思い出した時にそうしてみて下さい。

この文のように思考の沈黙した状態を続けていくと、段々と思考が沈黙している時間が増えてきます。
それと同時に、この思考の沈黙している時の感覚が段々大きく感じられるようになってきます。


IMG_20200119_222205.jpg


以前買った並木良和さんのDVDで、「こっちの感覚がありありとしてくる。」と言っていた事。今では理解できます。


今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 00:00| Comment(0) | 記事